関節の痛みに効く、軟骨再生を促すプロテオグリカンのすごい力

プロテオグリカン配合の、関節に効くサプリメントが人気です。

そもそもプロテオグリカンって何?よく聞くグルコサミンとどう違うの?
という方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、プロテオグリカンが「関節痛によく効く成分」なのはなぜかをご紹介したいと思います。
また、合わせておすすめのアイテムのご紹介していきますね。

プロテオグリカンの機能

解明されているプロテオグリカンの機能は次のものです。

抗炎症作用
細胞増殖促進作用
軟骨再生促進作用
骨代謝異常改善作用
保湿作用

この中の「軟骨再生促進作用」「骨代謝異常改善作用」、これらが特に関節炎にとってすごいのです。

他の成分と何がちがうの?

プロテオグリカンの軟骨再生促進作用、骨代謝異常改善作用

プロテオグリカンは軟骨を構成する成分の一つとして、人の骨軟骨内に存在しています。
加齢によるプロテオグリカンの減少によって、軟骨がすり減ってしまったり、石灰化してしまったりして痛みが発生するのです。

プロテオグリカンは、軟骨細胞の素を増加させる機能があります。
合わせて、軟骨の石灰化(硬化)を抑制する機能をもっています。
そのため、プロテオグリカンを補うことで、加齢による関節炎を緩和する効果が期待できるのです。

また、骨粗しょう症の予防にも効果があることがわかっています。
それが骨代謝異常改善作用です。

グルコサミンやコンドロイチンとの違い

関節の痛みに効果がある成分として「グルコサミン」「コンドロイチン」などを聞いたことがあると思います。
これらとプロテオグリカンは何が違うのでしょうか。

実はグルコサミンは、プロテオグリカンを作り出す原料なのです。
グルコサミンを摂取することで、軟骨の成分であるプロテオグリカンを作り出し、その結果関節炎の改善を期待するということなのですね。

一方コンドロイチンは、プロテオグリカンを構成する重要な成分なのです。
つまり、プロテオグリカンには有名なコンドロイチンが含まれているということです。

グルコサミンやコンドロイチンを摂取することで、軟骨成分であるプロテオグリカンを増やす目的ですから、
初めからプロテオグリカンを摂取するのがよりダイレクトに効果を期待できると感じます。

またプロテオグリカンのもつ軟骨の石灰化を抑制する機能は、グルコサミンやコンドロイチンにはない機能なので、よりプロテオグリカンのすごい力が分かりますね。

リフリーラ

関節の痛みに向いているプロテオグリカン商品にはサプリメントが多いですが、こちらは「塗る」タイプ。
プロテオグリカンは経口摂取でも塗布でも効果が期待できます。
直接気になる箇所に優しく塗り込んだり、マッサージしたりして効果を期待できます。

プロテオグリカンの効果はズバリ・・・

加齢による関節炎の改善

加齢によって減少する軟骨細胞のもとを増加させ、軟骨を再生してくれます。
合わせて軟骨の石灰化も抑制するため、柔軟性を守り関節の痛みを改善してくれます。

また、この記事では詳しく触れませんでしたが、プロテオグリカンの機能の一つに抗炎症作用もあります。
軟骨の減少によって引き起こされる関節の炎症を鎮めて痛みを和らげる効果も期待できるのです。

骨粗しょう症の予防

骨の密度低下の原因となる骨の代謝異常を改善して、骨粗しょう症を予防してくれます。
加齢とともに骨粗しょう症のリスクは高まるので、関節の不調を改善するのに合わせて骨粗しょう症を予防できるのはとっても嬉しいですね。

関連記事

コラーゲンやヒアルロン酸の保湿効果を使った数多くの化粧品やサプリが人気になっています。 プロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸同様、もともと人間の皮膚や軟骨に存在する成分です。 そして、コラーゲンやヒアルロン酸以上の保湿効果や[…]