肌細胞の再生を促進してくれる、プロテオグリカンのすごい力

プロテオグリカン配合の美容液やクリームがとても人気です。

そもそもプロテオグリカンって何によいの?
という方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、プロテオグリカンが「美容にすごくうれしい成分」なのはなぜかをご紹介したいと思います。
また、合わせておすすめのアイテムのご紹介していきますね。

プロテオグリカンの機能

解明されているプロテオグリカンの機能は次のものです。

抗炎症作用
細胞増殖促進作用
軟骨再生促進作用
骨代謝異常改善作用
保湿作用

この中の「細胞増殖促進作用」「保湿作用」、これらが特に美容にとってすごいのです。

他の美容成分と何がちがうの?

プロテオグリカンの保湿作用

お肌がぷるぷるとみずみずしくなる、保湿効果が有名な成分は、コラーゲンやヒアルロン酸が有名です。
ヒトの肌細胞にはもともと、そのコラーゲン・ヒアルロン酸とともにプロテオグリカンが存在しています。

プロテオグリカン自体が、スポンジのように水を含む水分保持能力があり、保湿作用を持っています。
その保湿効果はヒアルロン酸の1.3倍と言われています。

そして、プロテオグリカンはヒアルロン酸と結合することでさらに保湿性が高まることがわかっています。

プロテオグリカンの細胞増殖促進作用

プロテオグリカンが美容成分として大変注目されている要因の一つに、この細胞増殖促進作用が挙げられます。

このプロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸自体の代謝や産出を促進する作用があるのです。
つまり、自ら保湿力があるだけでなく、ともに皮膚細胞を構成する成分が増える手伝いまでしてくれるのです。
コラーゲンやヒアルロン酸にはない機能です。

プロテオグリカンの効果はズバリ・・・

加齢による様々な肌トラブルへの効果

細胞の劣化により起こる乾燥や硬化、シミなどの肌トラブルを、保湿効果や細胞増殖促進作用で解決に導いてくれます。
プロテオグリカンを使ったエイジング化粧品で、若々しい肌の再生を促進します。

紫外線を受けた皮膚への効果

加齢による肌同様、紫外線をうけた肌は乾燥や色素沈着などのトラブルを抱えます。
これらもプロテオグリカンの細胞増殖促進効果で、解決に導いてくれます。

また、この記事では詳しく触れませんでしたが、プロテオグリカンの機能の一つに抗炎症作用もあります。
日焼けした肌は特に炎症を起こしています。
これもプロテオグリカンの持つ機能で改善が期待できるのです。